ビートルズが世界中に大旋風を巻き起こしていた60年代半ば。オスロに住む高校生4人組は“スネイファス”というバンドを結成し、自分たちもビートルズのように有名になりたいと夢を見ていた。そんなある日、ベース担当でポール・マッカートニーに心酔するキムは、見ず知らずの女の子ニーナと映画館で出会う。別れ際、ニーナに突然キスをされたキムは、彼女がどこの誰かもわからないまま、想いだけを募らせていった。一方、キムのクラスにセシリアという名の転校生が。その美少女のピンチをキムが救ったことで、2人の距離は縮んでゆき・・・。
本作は、ノルウェーを代表する作家、ラーシュ・ソービエ・クリステンセンが1984年に発表し、世界20カ国以上で翻訳されたベストセラー小説『Beatles』を元に映画化。劇中で流れるビートルズの楽曲はすべてオフィシャルで許諾されたものが使用され、15年に再結成を発表したa-haのメンバーであるマグネ・フルホルメンが音楽監督を務めている。製作総指揮には、『コン・ティキ』(12年)を監督し、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの最新作『Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales(原題)』が控える、ノルウェー出身のヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドベリ。監督は、北欧を中心に活躍する新鋭ペーテル・フリント。
生まれた時からポールそっくりと自慢し、髪型も真似している。が、楽器も歌も実力は・・・。
ジョージを真似して内気なフリをする。船乗りの父親がビートルズの最新アルバムを買ってくる。
楽隊の補欠ドラマー。「早く叩きすぎ」と言われているが、「僕のスタイルだ」と反論。
美声の持ち主。ジョンと同じギターを買うため実家の配達仕事を手伝う。

転校生の美少女で、実家はリッチなお嬢様。幼なじみと付き合っている・・・という噂。

映画館でキムが出会った謎の少女。積極的な彼女に惹かれ、キムは沢山の手紙をしたためるが・・・。


1964年11月7日、デンマーク・コペンハーゲン生まれ。93年に The National Film School of Denmarkを卒業後、テレビ・映画・CM・短編映画等で活躍中。映画デビュー作は97年のアドベンチャー映画『Eye of the Eagle』で、5つ以上の賞を獲得している。これまでに、若者向けの2本の作品『Olsenbanden Jr.』(01年) や受賞歴のある『fakir from Bilbao』(04年)を監督している。さらに子ども向け映画3作品に関わった後はスウェーデンにて、05年に犯罪小説『Master Mind』を原作とした、Krister Henrikssonが主役を務める『the Wallander』(TVシリーズ)を監督。その後はスウェーデンの騎士アーンの一生を描くテンプル騎士団がテーマの『アーン 鋼の騎士団』(07年/08年)、ミステリー映画『ノーベル殺人事件』(12年)を手掛けている。09年にはデンマーク王室より芸術、文化、スポーツなどに貢献した人物に贈られるダンネブロ勲章を受勲している。
1953年9月21日生まれ。ノルウェー・オスロ生まれ。76年に処女詩集「Historien om Gly」を発表し、同年のタリエイ・ヴェースオース新人賞を受賞。77年「アマチュア」で長編作家デビューし、1984年に発表した「ビートルズ」は80年代ノルウェーで最もヒットした文学作品のひとつ。88年発表の「ハルマン」が映画化され、2010年製作『孤島の王』では原案を提供している。06年10月24日にノルウェー王室より聖オラフ勲章を受勲し、08年にフランス政府から芸術文化勲章を受勲している。
02年にThe Norwegian Film School in Lillehammerを卒業後、04年にノルウェーの俳優アクセル・ヘニーの監督デビュー作品『Uno』(04年)で、初めて長編映画の製作を担当し、ノルウェーでの爆発的ヒットに貢献。ノルウェーで最も若く成功した映画製作者の1人として評価されており、06年に製作した『厄介な男…からっぽな世界の生き方(日本未公開)』は、同年のカンヌ国際映画祭 批評家週間、ACID連盟賞を受賞した。さらに、07年には自身の映像製作会社を設立し、数々の作品を大ヒットに導いている。製作に携わった主な作品として『厄介な男…からっぽな世界の生き方(日本未公開)』(06年) 、『レジェンド・オブ・シルバー 借りぐらしの妖精(日本未公開)』(09年)製作、『私立探偵ヴァルグ4 第1話「閉ざされた壁」(TV映画)』(10年)、『アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場 』(12年)、『レジェンド・オブ・ホーン~伝説の大冒険~(日本未公開)』(12年)
ヨハヒム・ローニング(1972年5月30日生まれ)と、エスペン・サンドベリ(1971年6月16日生まれ)は、どちらもノルウェー・サンネフヨル生まれ。タッグを組んで映画を監督するデュオ。ペネロペ・クルスとサルマ・ハエック主演の『バンディダス』(06年)で長編映画デビューを果たすと、08年に『ナチスが最も恐れた男』を監督。12年に監督した『コン・ティキ』では、第85回アカデミー賞で最優秀外国語映画賞にノミネートされた。最新作に、『パイレーツ・オブ・カリビアン〜』シリーズの『Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales(原題)』(17年)がある。本作では、製作総指揮を両者で務める。映画の他、バドワイザーなど企業CMも手がける
1960年3月4日生まれ。ノルウェーの長編映画の脚本を中心に、テレビ、ラジオ、舞台、ドラマと幅広く活動を展開し、オスカーにノミネートされた「エリング」の脚本を担当した。また、ノルウェーの映画学校では定期的に教鞭をふるい、国際的な脚本のワークショップにも講師として参加している。『I de beste familier(TVシリーズ)』(95年)『Farlig farvann』(95年)『Titanics ti liv』(07年)『Fritt vilt II』(08年)
1980年代にヒットチャートのトップに踊り出て以降、アルバム累計3500万枚以上を売り上げているノルウェーのポップグループ「a-ha」のキーボーディスト&ギタリスト。82年にボーカルのモートン・ハルケット、ギターのポール・ワークター=サヴォイの3人で結成。87年のジェームズ・ボンド作品『007 リビング・デイライツ』の主題歌、94年開催リレハンメルパラリンピックのテーマ曲を提供し、ワールドツアー終了後はメンバーそれぞれがソロ活動に専念する。10年、チケットの売り切れが続出したワールドツアーを最後にグループは解散し、当時のマグネ・フルホルメンは“再結成する可能性はABBAよりも低い”と地元紙に語る程だったが、15年9月に2年限定で再結成しニューアルバム「Cast In Steel」をリリース。16年4月にドイツ、オーストリア、スイスでインターナショナルツアーを敢行。また、グループの3人は12年にMusic Export Norwayの推薦により、音楽に対する卓越した貢献に対して聖オラフ勲章を授与されている。本作でマグネ・フルホルメンはスコアを構成するだけでなく音楽監督を担当。スコアのレコーディングはノルウェーのバンドHvitmalt Gjerdeとともにイギリスのアビー・ロード・スタジオで行われた。
地域 劇場名 公開日
札幌 シアターキノ 5/26(金) 1日限定上映
東京 シネマカリテ 上映終了
千葉 千葉劇場 上映終了
愛知 センチュリーシネマ 上映終了
長野 千石劇場 上映終了
福島 フォーラム福島 上映終了
大阪 シネ・リーブル梅田 上映終了
仙台 チネ・ラヴィータ 上映終了
沖縄 桜坂劇場 上映終了
岩手 盛岡中央映画劇場 上映終了
東京 ニュー八王子シネマ 上映終了
兵庫 元町映画館 上映終了
静岡 静岡シネ・ギャラリー 上映終了
兵庫 塚口サンサン劇場 上映終了
東京 アップリンク 上映終了
神奈川 シネマ ジャック&ベティ 上映終了
栃木 宇都宮ヒカリ座 上映終了
埼玉 川越スカラ座 上映終了
神奈川 アミューあつぎ映画.comシネマ 上映終了
京都 京都シネマ 上映終了
福岡 KBCシネマ 上映終了